2019 松柏小学校日記

曇り 1年生 国語「ものの名まえ」

 1年生が、国語「ものの名まえ」の学習で、ものの名まえあつめをしました。あつめたものを1人三枚カードにかいて、お店やさんごっこをしました。まずは、1年月組商店街からの中継です。

おみせやさんごっこでは、お店の人とお客さんにわかれて、言葉でやりとりをします。

「いらっしゃいませ~!!、どれにしますか?」「おすすめは何ですか?」「おすすめは、バナナです。」「バナナとモモを1つずつください。」「ありがとうございました。」

など、言葉のやりとりを楽しみました。生活科のおみせやさんごっこに続いて、2回目なので、手慣れたものでした。

 スペシャルゲストで校長先生が来てくださいました。みんな、大喜びです。

 どのお店も工夫していてお客さんが目移りしていました。動物のお店には、カッパやパンダも売っています。宝石のお店には、貴重な宝石がたくさん。他にも、文房具、服、楽器、魚、おかしのお店があります。

すてきな品揃えのお店ばかりです。 1月商店街のにぎわいに圧倒されました。

本 みんな大好き 『読み聞かせ』タイム・・・『虹の会』

 今朝は、1年から3年が読み聞かせの時間でした。毎回、表情豊かに感情をこめて読んでくれる絵本に子どもたちは、いつもくぎ付けになって、聞き入っています。目がらんらんと輝いて、思わず漏れるつぶやきなど夢中になっている様子を見てるだけで、笑みがこぼれてしまいます。いつも本当にありがとうございます。

 また、子どもたちに絵本の読み聞かせをしてみたいなという方、居られましたら、是非ともご連絡いただければと思います。よろしくお願いいたします。

鉛筆 ファシリテーションに関する職員研修

 日本ファシリテーション協会の有村先生と水江先生にわざわざ神戸から来てくださって、「対話」に関する研修をしていただきました。講義スタイルではなく、ワークショップスタイルで、会話→議論→対話について、違いや大切なポイント、また体感することにより、傾聴の技術と大切さを実感できました。松柏小学校の先生方はみんな仲良くて楽しみながら深い研修ができることびっくりされていました。早速明日からの学校生活で存分に生かしていきたいと思います。

曇り 久々のような気がするみんなと、昼休みは相変わらず笑顔満開です

 やっぱり、まだまだ、なわとびボードは大人気で行列待ちです。グランドでは寝っ転がったり、鬼ごっこだったり、ボール遊びだったりとニコニコです。寒くなってきたなぁと思っていても、まだまだ半袖で過ごしている元気満点の子もいます。石田純一バリに靴下を履かない寒そうな子もいますが、グランドで遊ぶ時には靴下履いていました(*´ω`*)// そうです、知る人ぞ知る、はだしの〇〇くんです。

曇り 競書大会結果は・・・いかに・・・

 学年ごとにフロアーに座り競技時間は30分。各学年ごとの題字を、4枚仕上げていきました。緊張のなかで最高の作品を仕上げようと一心不乱に書き上げました❗️ 最後に自信のある1作を机上に置き、回収されて、審査を受けました。

 審査の間は、川之江高校と三島高校の書道部による書道パフォーマンスを見ました。気迫溢れる圧巻の演技に終始圧倒されていたようです。さらに、書道部の皆さんのアドバイスをもらって、書道パフォーマンス体験コーナーが行われ、参加児童にとって、楽しくて充実した大会となりました。

  審査結果は、5年生女子が銅賞、3年生男子が秀作、3年生女子が佳作、と計3名が入賞しました。高いレベルのなかで、すばらしいですね。

  この体験を活かして、将来は書道に携わる人が出るかもしれませんね。

晴れ 第9回 四国中央市紙のまち 新春競書大会

いい天気ですね(n*´ω`*n)

このいい天気の中、資源回収とともに 新春競書大会伊予三島運動公園体育館で開催されました。311名が参加をし、フロアーが埋め尽くされ、みんな集中して筆を進めていました。松柏小学校からは、13名の児童が参加をし、美しく迫力のある書を作り上げていたようです。

晴れ 今年度最後の 第4回資源回収 ご協力ありがとうございました

 今年度最後の資源回収を実施しました。変お世話になりました。早朝に関わらず、ご協力ありがとうございました。様々な用途に利用させていただいている資源回収費、子どもたちの小学校生活が少しでも快適に楽しくなるように私たちも日々研鑽しています。また、来年度も4回実施予定です。今のところ、令和2年度は、4月12日、7月19日、10月25日、1月31日のいずれも日曜日朝8:00から実施予定です。ご近所さまもお誘いの上、是非ともご協力お願いいたします。

曇り 親子行事4年生 四国中央市伝統産業 水引体験

 四年生の親子行事水引きストラップ作りに挑戦しました。美結会の方が4名来てくださって教えてくださいました。
まず、水引のことを詳しく教えていただきました。伝統工芸として、全国的にも有名です。
その後、水引の基本の結び方である「淡路結び」を教わりました。
続いてスパイラル結びを使ったストラップ作りに挑戦しました。
最初は「難しい!」と言っていた子供達も、お家の方に助けてもらいながら作るうちに、コツをつかみ、楽しみながらどんどん作れるようになりました。何個も作って、大喜びで持って帰りました。

 美結会とは、地場産業の水引を子供達に伝えるために、小学校の総合学習やイベントに出向いてくださっている会です。水引の伝統工芸士の資格を持った方もメンバー所属されています。

 みんなで仲むつまじく協力し合って作品作りするのは、とっても温かいですね。是非、四国中央市の伝統産業後継者として育って欲しいですね(*^^*ゞ

曇り パッチンテスト 5年花組 国語

  考える力をつける推察をし予想をたて問題の真意を見抜く目を養う。文章に表すと、なんかすごいことのようですが、5年花組でクイズのように盛り上がって授業を行いました。国語です。

 問題文を切り離して答案用紙だけ配付し、問題を解いていきました。もちろん、最初は「わかるわけないやん!問題文がないのに」「どうやって解くの」「問題文を1回でいいから読んでください」など、大反響でした(笑)反応抜群で食いつきがいいのでとてもやりがいがありました。どんな問題文が書かれているのかを予想しながら、なぜその答えにしたのかを理由をつけて考えることを中心にグループでの話し合いも実行しました。友達の推察を聞くことで刺激になったり、問題を解くカギを学べたりしました。

 答え合わせは問題文を配布するだけです。それでも子どもたちはすぐに正解にたどり着いていました。しっかりと予想したり熟考したりした成果目に見える形で現れたと感じました。またやりましょうね。

曇り 社会見学3年生 紙産業技術センター

  天気はぐずついていたものの、3年生パワーで雨には合わずに、楽しみにしていた紙産業センターに行ってきました。紙の町の秘密を探して隅々まで目を皿のようにして見学しました。手すき和紙の透かしの技術品、リサイクル品、水引作品等たくさん発見がありました。段ボールで作った椅子に座ってトイレットペーパーができるまでのビデオも見せていただきました。自分たちの町の自慢を知ると、ふるさとを好きになりますね。書道ガールズで映画にもなり、紙の町として全国区で名が通っている四国中央市。後継者がこの中から育ってくれるかもしれません。