H30松柏小学校日記

夜 松柏地区自主防災組織に向けて

 三島地区としては初の試みとなる、松柏地区の自主防災組織作りの一環として、避難所マニュアルを作成していこうと松柏公民館でそれぞれの立場の方がリードしてくださり、会議を重ねています金曜日の夜は、芝刈りの後、公民館で避難所対応の実践的な研修を消防の方を講師に迎えて行いました。[HUG」ハグ、抱きしめると言う言葉を語呂合わせに使った、「避難所運営ゲーム・・・HUG」を集まっていただいた40人ほどの方々で実際に松柏小学校が避難所として開設されたと想定をして、様々な条件を決めて、次々と避難してくる250人の避難者への対応を8人ほどのチームで行いました。難しいけれど時間を忘れて写真も撮らずに夢中で行いました。こうしたシミュレーションをするだけでいざという時のパニックを少しでも緩和できると感じました。また判断することも大事ですが、受付やどういった状況で運営が滞りやすいのか、様々なニーズに応えるために何を考え、何を優先するのかなど本当にたくさんのことを学ぶことができました。また参加者の方々の真剣さと熱意がひしひしと伝わってきました。

晴れのち曇り 芝刈りボランティア

 本日も芝刈りボランティアに参加していただいてありがとうございました。今回は保護者の方と先生方の9人で短時間で片付けました。今日の天気が心配だったことも有り、前日の夕方17:00から1時間半程度で運動場の中はトラクターで軽ダンプ1杯分は刈り取っていました。すみません、勝手なことしてしまって<(_ _)>毎週きちんと刈っていたら、トラクター分は、お一人様で大丈夫です(*^^*ゞ。細かい所やトラクターが入れない場所を中心に今日は活動してもらいました。もちろん、刈りたての芝生はウサギ小屋に届けました。もう4月からウサギ小屋にふかふかの芝生を入れているので、ウサギの方が覚えてるんでしょうねぇ。古くなった芝生を掻き出す作業をしているとあれだけ警戒していたウサギたちが寄ってきて食べようとします(笑)「まだよ」となだめながら、刈りたての芝生を投入すると子ウサギたちも一目散にとんできます。ラビットフードなどそっちのけです(笑)

 

 

晴れのち曇り アブラゼミ、ピンチ

思い過ごしではありませんでした。昨日の話題ですが、校長先生に聞いても、年配の先生に聞いてもそう言えばと言われていたので調べてみました(笑)セミの話です。

大阪私立大学の研究では年々クマゼミの生息分布の北上が確認されています。

1960年代には関西圏では稀に観測される程度のクマゼミが爆発的に増加し1980年にはアブラゼミと生息比率が逆転しました。
2000年代には関西都市部ではクマゼミが95%を占める様になりました。

一つに言われているのが緑地の少なさとクマゼミの飛行能力です。
中型の鳥類にとってセミは格好のエサなのですが1990年代に夏季の鳥類の糞を調べたところ捕食されたセミはアブラゼミばかりでクマゼミはほとんど無かったようです。

緑地が少なく逃げる場所が無い為高く早く飛行のできるクマゼミと比べ飛行能力の劣るアブラゼミが捕食される率が高いと考えられた様です。もう一つは繁殖能力の違いです。
クマゼミの卵管は非常に強靭でアスファルトや電線の被覆を突き通して産卵が可能です。にわかには信じ難いですが(^ω^;);););)
一時期クマゼミの産卵で電線の被覆が破れ停電する事件が多発したため関西電力は被覆の仕様を変える事態となったくらいです。
他にも諸説がある様ですがまだまだ研究途上で不明な事も多くあるようです。いずれにしても今ではアブラゼミの捕獲ができたら大アタリなんです。
西日本では、ほんの30年前くらいまでアブラゼミが多く、少し木があればミンミンゼミという状態で、クマゼミは非常にレアなセミでした。その記憶は間違っていなかったようです。西日本の都会では、クマゼミが99%、アブラゼミが1%という感じです。

・都市近郊の温度変化。

クマゼミは、暑さを好み、アブラゼミは暑さを嫌います。温暖化によって少しずつ気温が上がってきた日本は、西から順番に、クマゼミの好む環境になってきたということです。
逆にアブラゼミにとっては不利になっていき、どんどん増えてくるクマゼミに押しのけられ、林や丘陵、低山地に追いやられた事になります。アブラゼミが減るとクマゼミはさらに勢力を増し、今のような状態に至ったということです。

あともう30年もすると、関東でもクマゼミ一色となっているかもしれません。
そして、クマゼミは東北でも数を増やしてくるという状態になる可能性もあります。

 

すみません、変な内容で(^ω^;);););)若い先生方は、クマゼミとアブラゼミの違いがそもそも分かりませんでした(^ω^;);););)別に悪いことでもなんでもないですよ(*′皿`艸)

曇り 曇りだと秋の訪れを感じますね

 スプリンクラーも頑張ってくれています。最近あまり見かけなくなったアブラゼミ。クマゼミに押されっぱなしですねぇ。昔はクマゼミのほうが珍しくて、アブラゼミだらけだったのに、もしかしたら、クマゼミの羽は透明なので暑さに強いんですかねぇ。これは根拠のないひとり言です(笑)

 子どもたちのカードゲームもしやすくなってきました(笑)なにも外でやらなくてもと思いますが、家の中でゲームばっかりなんてよく例えられていますが、現実は外でゲームするんですよ(笑)評論家の先生方は知らないでしょうねぇ(笑)どきの子どもは、、、なんてひとくくりに見ることができないくらい多様化していることも事実で、ついつい自分の知っている狭い世界だけの常識でものごとを判断してしまうと、偏見につながったりしますので気をつけなくちゃね。

晴れ プール開放大詰め ちょっと暑さが和らぐ

 朝、晩の気温が確実に下がってきています。立秋を過ぎて、季節は確実に流れています。ということはつまり、夏休みも折り返しになったということです(;^_^A 

プール開放もいよいよ大詰めです。今週金曜日で終了です事故なく過ごせており、保護者の皆様が丁寧に、そして確実に当番、監視活動や声掛けをしていただけるおかげです。ありがとうございます。あと少しですがよろしくお願いいたします。

晴れのち曇り 季節の流れを感じる

 暑い暑い夏。ホントに久しぶりの酷暑ですよね。この暑さ、国内でも、気象庁予報官が緊急記者会見で、「これまで経験したことのない、命に危険があるような暑さ。一つの“災害”と認識している」と警戒するように呼び掛けていました。7月に埼玉県熊谷市では、国内観測史上最高の41.1℃を記録。私たちが子供のころとは10℃ほど気温が上がっているように感じます

さらに熱波に襲われているのは日本だけではないようで、「イラクやインドの暑さが年々酷くなっている」ようである。「もともと世界有数の暑い国で、40℃を超えることは珍しくなかったのですが、このところ50℃を超えるようになってきました。つい先日も南部の都市バスラで、53.9℃という凄まじい暑さを記録。」冷房が使えない人々は、次々と亡くなっているようである。2015年の熱波で2500人以上の死者を出したインドは、今年も熱波が深刻です。「今年は例年より気温が高く、道路のアスファルトも溶けて変形しています。今年は猛烈な砂嵐で家屋が吹き飛ばされ、直射日光を避けることができなくなっているようです。」今年のインド、パキスタンは「歴史的な熱波」で、4~5月から各地で50℃超えが連日続いています。また、メキシコ、クウェート、アルジェリアなど、世界各地の都市でも50℃を上回ることが珍しくなくなってきています。地球温暖化が要因になっていることも否めない。今後もこの傾向が続くことは間違いなさそうなので、対策をとっていかなければならないでしょう。

 子どもたちは、今日も勉強に水泳に元気で活動していました。運動場でサッカーしている子たちもいました。こんなに急に熱に強い人種へ進化するとは思えないので、十分対策をしておいてくださいね

 セミは夏を謳歌しています。たった一週間ほどですが、精一杯鳴いて鳴いて、暑さに負けずに生きています。松柏小のクマゼミたちはあまり捕まえられていないので、手づかみですぐに捕まります。全く逃げません(^-^;

 

晴れのち曇り 勉強に燃える夏

 夏休みに入って、各学年ごとに連日のように勉強をしに子どもたちが来ています夏休み補充学習会です。夏休みの課題を中心にわかりにくいところを少人数で先生方に教えてもらっています。昔の寺子屋って感じですかねぇ。アットホームな感じで、個別でゆったりできているので、とても集中して進んでいました。真剣な表情にキュンキュンしました。

あっ、もちろん生命維持装置が付いている部屋でやってますよ(*′皿`艸)

GOGOふるさとまつり Part3

夕食後は、ふるさとまつりに合流す!

ラムネの早飲みに挑戦したり、くじ引きで当たった水鉄砲で楽しそうに遊んだり

友達と、楽しい時間を過ごしていました。

どうやら、校長先生にラムネを吹きかけた教員もいるようですが( ゚Д゚)

これから、盆踊りや抽選会に参加し、閉会まで時間を過ごします。

GOGOふるさとまつり part2

救命救急コースでしっかりと学習したあとは、お楽しみのプール!

みんなが少しでも涼しく過ごせるように、プールサイドをまいてくださっていました。

また、熱中症対策として、水分や塩タブレットも準備してくだっさっています。ありがたいですね。

何も言われなくても、さっとバディの用意をする6年生。「半端ねえって」と言いたくなるほど素敵です。

さっぱりと汗をながして、清々(すがすが)しい表情の子どもたち。

そして、公民館にもどり、夕食です。

 

GOGOふるさとまつり Part1

8月4日、5日の2日間、6年生が松柏連合キャンプに参加しています。

まずは公民館で開村式をして、現在、体育館で救命入門コースを受講しています。

子どもたちの活動の様子、随時アップしていきたいと思います。

始まる前にはワクワク、ワイワイしていたみんなも、話を聞くときの表情は真剣そのもの

子どもたちの成長を感じますさすが6年生!

救命救急コースも、真剣に取り組む姿が見られました。

1学期に取り組んだ着衣水泳と合わせて、もしもの時に素早く行動できる6年生になってほしいと思います。

晴れ ウサギ大喜び 青々とした空と芝刈り

 青い空と青々とした芝。今日は土曜日、芝刈りボランティアの日です。朝早くてももう暑い中での作業、お疲れ様でした。おかげさまで、芝刈り、肥料まきまでてきぱきと行っていただきました。ありがとうございました。諸事情で先に始めていたのですが、みなさん集合が早くて、9時にはトラクターでの芝刈りはほぼ終わり、手動式エンジン芝刈り機と肥料まきを行うことができました。さらに、いつもお世話になっている地域振興課の方も朝早くからお手伝いに来ていただいて、トラクターを肥料まき用へ、トランスフォームをしていただけました。また、細川園芸職人が剪定してくれていた木くずも大量に溜まっていたので、今日は2トンダンプを借りて、一緒にクリーンセンターへ。校長先生の剪定の量は「半端ねぇって」言うくらいの大量でした。ほんとにみんなの知らない間にありがとうございます<(_ _)>本職へ依頼したらとんでもない額になるんだろうなぁと思いました。

今日の芝は青々していたので、ウサギ小屋に投入したとたん、隠れていた警戒心の強い子ども達も飛び出てきて、ムシャムシャ食べてました(*^^*ゞ もちろん、古くなった先週入れた芝はトラックへ積み込み、クリーンセンターへ持っていきました。このやり方もセットにしておくと、ウサギ小屋のゴミも定期的に捨てられますね。

今日から、GOGOふるさと祭りが開催されます。6年団の先生方が、楽しいホームページをアップしてくれるそうなのでとっても楽しみです(*^^*ゞ

 

晴れ えらい暑さ プール開放

やっぱりものすごい暑さです。照り付ける太陽が痛いくらいの勢いです。ヒートアイランド現象も相まって、夜もつらいですね。ずーっとプールに浸かっておきたい気分にさせますよね。みなさん、くれぐれも熱中症には気をつけてくださいね水分と塩分両方の補充です。さらに塩分はイオン状になっている飲料水がベストです。塩なめるなんて役に立ちませんよ(^-^;

 

晴れ 最終日 新宮少年自然の家 3日目

 今日は、早くも帰る日です。この3日間での成長ぶりは予想をはるかに超えて、みんなでカバーし合って、協力し合って、さらに声を掛け合って、生活できていました。それでも3日目、最終日。鬼門だった集合時の約束もしっかりと達成でき、たった3日間でしたが、大きく成長しました。目に見える成長ぶりは嬉しいですねぇ規則正しい生活リズム、朝は6時に起床して、6時20分には朝の集いや活動がしっかり始まるように準備できています。誰一人例外なく、早起きできているのです。集団の力、友達の力って大きいと思いました。この規則正しい生活習慣を是非とも夏休みも崩すことなく行ってほしいと思います。あっ、ハードル上がりすぎましたねぇ(^-^; しっかり生活習慣が身に付いているってことがよくわかった3日間でした(n*´ω`*n)

自然の家の紹介を含めて、退家式、解散式で最後の報告にしたいと思います。本当に楽しい楽しい自然の家に参加させていただいてありがとうございました。

 

いたるところでなかなか出会いない生き物に遭遇しましたね(n*´ω`*n)

 

退家式です。いい天気です。お天道様にも恵まれました。

なんと、竹ぼうきの上にセキレイって逃げない鳥と言われるほど警戒心の薄いしっぽフリフリするあの鳥が巣を作って、この春巣立っていったそうです。

そして解散式。お疲れさまでした。しっかりと今日の宿題を実施してくださいね。お土産話をしっかり伝えることです(n*´ω`*n)

晴れのち曇り 本日ラストのメインイベント

なかなか電波つかめず、昨日のことになってしまいましたm(_ _)mごめんなさいm(_ _)m

みんな元気に全員が晩御飯もモリモリ食べ、ご飯も空っぽにしましたよ(*′皿`艸)片付けも手慣れてきて、美しさすら漂っていました(*′皿`艸)新宮の茶畑に後光がさしてみたり、竹林が迫力あったり集合写真も全力の笑顔(*′皿`艸)でした。

 

その後、メインイベントのキャンプファイヤーです。地球が誕生して45億年、最初は地球は真っ赤な火の星でした。そして、10億年かけて、雲が雨を降らし降らし降らし、火の星を水の星へ変えていったのです。その水のおかげで、生命が誕生することになりました。もちろん、そこから様々な進化を遂げて、ようやく人間が誕生するのは、たった200万年前です。その当時の人間は様々な動物のエサでした。いつもビクビク生活していました。そして劇的な奇跡的な出来事が、10万年前に起こるのです。そうです、火を使うようになったのです。他のどの生き物も火には近寄ることすら出来なかったのに、人間は火を扱うことによって立場は一気に逆転していきました。再び人間の手によって地球に火がよみがえったのです。

ただ、人間はとても弱い生き物なので、協力をしたり、相手と助け合ったり、思いやりをもって行動したりすることでいくつもの苦難を乗り越えることができるようになっていったのです。だからこそ、この一度限りのこの瞬間を大切に友達や家族と支えあって過ごしてほしいという思いを込めて、火を灯しなさいと火の神より炎を授かったのです(*′皿`艸)二度とないこの時をここで過ごすことが出来て良かったとしみじみ感じましたよ(*′皿`艸)

夜、満天の星空のもとで、とても感動的なキャンプファイヤーが出来ました(*′皿`艸)

みんなに見ていただきたかった満天の星空。機材不足で上手くおさめられませんでしたが、素晴らしかったです+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ

最後のシャボン玉も幻想的で素晴らしかったです+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ

何より、みんなの考えてきた各班からの出し物、それを聞く態度、参加する態度は、もう百点満点でした+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ

たくさんの先生方も昨日に引き続き、五年生の、キャンプファイヤーに参加していただきそこにも感動していました(;_;)

またひと回り成長した五年生の帰りを楽しみに待っていてくださいね(*′皿`艸)

晴れのち曇り 新宮少年自然の家 二日目 川遊び編

暑い夏にはたまらないですよね(*′皿`艸)川遊びですが、さすが、川、水が冷たいのなんの(^ω^;);););)足だけつかっていても10分が限界で痺れてくるほどです。なのに、子どもたちは元気に泳ぐのです(^ω^;);););)

別にそれは私がお年寄りで体温が上がらないとかゆう理由ではなく、元気なんですよ、子どもたちが(*′皿`艸) 待ちきれない子は水着に早すぎるほど早く着替えて、グランドで水着で遊んでるんですもん(笑)さすがにずっと泳いでいる子はいませんでしたけど(^ω^;);););)

晴れ 新宮少年自然の家 二日目 昼食

まずは、キャンプファイヤーで使うトーチづくりを職員の篠原さんに教えて貰って、「えいっ」「えいっ」って力を込めて作っていきました。いい青空に自然の家ってムードバッチリでした(*′皿`艸)

お次は、飯ごう炊さんです(*′皿`艸)なんと言っても火をおこすことが第一ポイントでしたが、予想以上のスムーズさ。さらによく協力して行うのに感心しました(*′皿`艸)

 

いよいよ、美味しく炊きあがったお昼ご飯です。多いわァなんて言いながらみんなで分けて、あれっていうくらいみんなでペロリ(笑)

片付けもバッチリでした(*′皿`艸)

晴れ 新宮少年自然の家 二日目

実は、自然の中なので、電波をなかなか掴めません(^ω^;);););)なので、ホームページのアップロードするのが難しくて、何度かトライしてやっとって感じなんです。だから、コメント少なめになってしまっていますm(_ _)mご了承くださいm(_ _)m

それにしても清々しい朝です(*′皿`艸)湿度も低く、涼しいです。さらに昨日の肝試しでは気づかなかった、景色だけではなく、自然独特の匂いに包まれています。岩の匂い、土の匂い、川のせせらぎの匂い、新緑の匂い、花の匂い、マイナスイオンたっぷり浴びている感じがします。

朝の集いから

ハートの葉っぱが可愛いです(*′皿`艸)

朝食も待ちかねて、そこかしこからお腹空いたぁーって聞こえてきてました(笑)

キラキラ 新宮少年自然の家 一日目

夕べの集い、肝試し、どれをとっても集合が早い。オン、オフのメリハリがきちっとできる。普段の学習が生きているなぁと実感する一日目です。楽しむときには楽しむ、聞くときは聞く、大切なことですよね。

助っ人で本当にたくさんのお化けが登場してくれて、みんなに愛されている5年生だなぁと思うと同時に、先生方、、、あっお化け達の愛情パワーが強大だと言うことがひしひしと伝わってきました。ありがとうございました<(_ _)>

コメント少なめの約束でしたね(^_^;)

全力で遊びます(*′皿`艸)

 

肝試し前です(*′皿`艸)

愛の溢れる肝試し+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ

晴れのち曇り 新宮少年自然の家 出発

 楽しみにしていた5年生最大の行事新宮少年自然の家での集団宿泊学習です。今日から2泊3日です。台風の影響で実施が心配されていましたが、大事をとって、出発時間を少し遅らせて出発しました。コメントは少な目で写真多めでアップしていきますのでよろしくお願いいたします。まずは出発式です。

 

お弁当中です

 

オリエンテーリング

 

夕食が始まりました

注意 台風 影響なし 松柏小

もう二度と見ることはないかもしれない左回り迷走台風。うそでしょっていうような進路を通って、近畿地方では猛烈な風による被害が相次いだようです。愛媛にはさほど大きな被害は出ていないようですが、雨が長引く予報もあるようです。ただ、日本付近の上空およそ1500メートルの気温は、平年より5度以上も高くなっています。この先も日本列島は暖かい空気に覆われたままのようです。最高気温は多くの所で平年より高い日が続き、熱中症の危険率は変わらず続いていくようです。今回は、あの豪雨災害以来の雨だったこともあり、適度に降ったところは、恵みの雨になったかもしれませんね。正門付近の柏の木2世とともに植樹されている、サルスベリの木にいっぱい花が咲いていて、きれいです。

暑すぎる気候に、芝生も枯れてしまうのではと心配もしましたが、超元気になっています。明日からの5年生の自然の家も楽しめる程度の天気になることを願っています。