H30松柏小学校日記

曇り 忘れていないですよ、校内マラソン大会 6年生

 5年、6年生になるとレース展開を考え、最初から無謀な勢いで突っ込む人はいなくなります。ちゃんと戦略を考えて、ラストスパートがかかるようペース配分を考えた走りをしています。こうなると、ただ参加しているだけでなく、ライバルの走りを意識したり、過去の自分と戦っている人がいたりと、取り組み事態に意味が発生しています。つまり校内マラソン大会に目標をもって挑んでいるということです。目標を持つことは何においても自分を成長させるためになくてはならない、欠かせないものになりますね。さて達成できましたか、目標クリア!

曇り 理科クラブ「四電出前授業理科実験」とミニ運動会1年生

 理科クラブで、四国電力の方が、テレビで見るような本格的な理科実験を披露してくれました。子ども達だけでなく、教師も興味津々で、迫力の実験にウキウキワクワクドキドキでした。普段手に入らない液体窒素を使って、絶対零度に近い温度での特異性を、とても分かりやすく実験していただきました。もうワクワクが止まらない感じで、大興奮の中、あっと言う間に終了しました。

 

 1年生は、全員揃ったので、ミニ運動会を実施しました。みんな元気で、玉入れやダンスを楽しみました。優しいみんなの気持ちが伝わってきた取り組みでした。

曇り 校内マラソン大会 中学年の部

 昨日の続きです。校内マラソン大会中学年の部です。まだまだぶっ飛ばして行きました。でも、ペースを考えて運動場の一周目で、落ち着いていました。さすがだなぁと感心しました。

3年生の部

4年生の部

曇り 松柏小学校 校内マラソン大会

 本日、天気は大変心配しましたが、校内マラソン大会を開催いたしました。予報も四国中央市だけ雨雲がかかる時間帯がありそうでしたが、ひどくなりそうになかったので、予定の時間にスタートしました。段々と天気も回復し、終わるころには晴れ間も見られるようになりました。

 低学年の部から紹介していきたいと思います。

 スタートの号砲とともに一目散で走っていく子ども達。何度も練習を行い、準備してきました。それでもやっぱり本番は緊張感が違います思わず、かけっこ並みにダッシュしていました。低学年は800m。なかなか普段は走り続ける距離ではありません。へこたれそうになりながらも、大好きなお母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんの声援を元気に変えて、頑張りました。運動場に帰ってくるとさらに、声援は大きくなります先生方もとっても嬉しそうです(n*´ω`*n) やっぱりみんなが頑張っている姿は応援している人までも笑顔にしてくれます。まさに「喜ばせごっこ」ですね。「喜ばせごっこ」の仕掛け人は、すべての子どもたちと一緒に走ってくれました。帰ってきたらまたすぐに号砲を鳴らして、最後尾の子どもと一緒に走ってくれたのです。まさに鉄人28号ならぬ、鉄人細川校長先生です。合計で12km以上は走ってくれました。ありがとうございました。

 1年生の部

 2年生の部

雨 5年生 県学力診断調査(国語・理科)、3・4年生が市学力診断調査(国語・算数)

 テストづくしの一日でしたね。更新が遅れて、昨日のことですが。いえ、5年生は今日もテストに頑張っていました。

 テストを受けたから賢くなったり、勉強ができるようになったりはしません。じゃあ、テストは何のために受けるのか。今、現時点での自分のわかっていないところ、覚えていないことがわかるためです。自分の現状がわかるんです。賢くなったり、勉強ができるようになるには、テストが終わってからの勉強が大切になります。覚えていなかったことを覚えなおすわからなかったことをわかるようにすると、賢くなるんですその人に応じて学力が向上するのです。

 じゃあ、テスト勉強はしなくていいの? なんて屁理屈いう人もいますね。テスト勉強は自分の勉強方法が合っているか、その教科の範囲で大事だと思うところがわかっているか、覚えこむのに必要な時間が足りていたか、などたくさんのことがはっきりします。うまくいかなかった人は(つまり、テストが予想よりできなかった人)、勉強の仕方や時間が合っていなかったということなので、次までに改善できるということなのです。うまくいった人は、どんな方法でテスト勉強したのか、どのくらいの時間で覚えられたのか、これまた次回に生かせます。

 そもそも何もしなかった人は、何も情報は得られません。その後の人生が左右されるような勝負がかかったテストの時(例えば、中学入試や高校受検など)あたふたするだけで、進路がかなえられなくてつらい思いをするってことです。今からでも遅くはありません。自分に合った勉強方法を見つけていくことは、今からの人生で大いに役に立ちます。

雨 交流給食会 給食

 マラソンタイムも大詰。もう今週は校内マラソン大会です。準備は整ってきていますか? 気温は冬を感じさせるくらい下がってしまって、寒いなぁと背中が丸まってしまいそうです。まあ、暑いよりは走りやすい思います。松柏小学校の周辺を走りますので、時間が許す限り、応援お願いできたらと思います。走っている選手にとったら、神様のような声援の力。無理じゃわとへこたれそうなときの「がんばれ!!」の声についついもうひと踏ん張りしてしまいますよね。

 

 元気で外で走りまくっているみんなと、給食交流会に給食課、農業推進課の方など5名のゲストを迎えて、4年生の子ども達と一緒に給食を食べました。4年生のみんなはとってもかわいくて、とても楽しい給食の時間になりましたとお礼を伝えてくれました。

曇り 表彰 & 見ようとしなければ見えないの巻

  文化面、スポーツ面と様々な分野で活躍した子供たちの表彰が行われました。『愛媛新聞社小学生読書コンクール 優秀賞』『市内読書感想文コンクール 入選』『租税推進協議会 習字 銀賞・銅賞』『愛媛のクロッキー展 入選』『歯・口の健康に関するコンクール 図画の部 佳作  ポスターの部 第3位と佳作  標語の部 佳作』『愛媛小学校陸上運動記録会』『四国ラグビースクール大会 低学年優勝 中学年3位 高学年準優勝』『バスケットボール大会』などなど多岐にわたるものでした。いろんなことに挑戦して、得意なことを見つけて伸ばしていってほしいですね。

 

 さて、朝の表彰の前から子どもたちが不思議そうにひそひそ話しをしていました。「校長先生、なんか黒いカッコイイジャンバー着てるね」とか「いつもとちょっと違うね」とか。もちろん、ちゃんと理由がありました

 『見ようとしなければ見えない』という大切なお話の前振りでした。子ども達も教員もまんまとすでに乗せられていました。 朝、みんなは児童玄関の前で校長先生とあいさつを交わしていました。『いつでも・どこでも・だれとでも』のあいさつを励行している中で、だいぶあいさつが自然に元気よくでき始めたなぁということもわかる朝のあいさつ。
 で、ここで表彰後、みんなに質問しました。「校長先生が朝、身に付けていたネクタイの色は何色だったか覚えている人?」もちろん、ほとんどの子が覚えていませんでした。あいさつをしたことは覚えていてもどんなネクタイの色だったかとか、どんな表情であいさつをしてくれたのかだとか、細かいことは、見ようとしていなければ見えないというお話でした。これは、今隣にいるお友達、クラスのお友達にも同じように言えること。松柏小では、友達のいいところや言われてうれしい言葉などを発表したり、相手に伝えたりする場がたくさんありますよね。見ようとしていなければ見つけにくいことはたくさんあります。逆に言えば、見つけようと思って友達に接していると、友達のいいところがたくさん発見できて、ますます友達が好きになりますよね。ただなんとなく一日が過ぎていかないように何にでも興味をもって、いっぱい発見してくださいね。もちろん、発見したことは伝えてあげてくださいよ。

小雨 とびきりの笑顔

 今週は、天気が崩れ、寒かったり、例年になく12月とは思えないような陽気だったりと、混乱する気候ですね。冬なのに夏のようなゲリラ豪雨など、全国各地でも異常気象が報告されています。今までもエルニーニョ現象で暖冬の時もありましたが、夏場の異常な暑さ、熱波といい、毎年のような異常気象は今後も続いていきそうですね。こりゃ、身体がついていけなくなりそうです。

 しかし、そんな中でもちょっとの晴れ間や曇りを狙って、こどもたちは元気にハッスルしています。とびきりの笑顔で、まるで3Ⅾ写真のように飛び出してきそうです(n*´ω`*n)そうこうしているうちに、あと2週間余りで2学期も終了します。長いと思っていた2学期ももう終了です。年末を迎え、2019年、最後の平成がカウントダウンを始めるんですね。その前に、クリスマスですね。サンタさんも大忙しの時期です。

 日本の文化のすごいところで、お正月や端午の節句にひな祭り、バレンタインにクリスマス、最近ではハロウィンまで、何でもござれの取り入れぶり。そういえば、世界で一番訪問されているお寺は、東京の浅草寺だそうです。あの雷門の大提灯があるところです。宗派に関係なくお参りできるそうなので海外の方からも人気があるそうです。ちなみにあの雷門の大提灯はナショナル電器(現パナソニック)の松下幸之助さんが寄贈したそうです。こちらのほうが有名なのでうっかり最初からあったのかと思ってました。また話がそれましたね(;^_^A

 

雨 しとしと雨が、植物を潤してくれています。

 今週は、気温は低くはないのですが、雨降りが多いですね。濡れてしまうとやっぱり寒いですよね。季節の変わり目は体がついていけなくて体調を崩しがちになります。十分気をつけて過ごしてくださいね。

 この雨で、落葉もすっかり落ちてしまって、紅葉などどこの庭園なのだろうと思うくらい素敵な風景になっています。雨のおかげで踏まれていないから余計に美しいのかもしれません。松柏小には春夏秋冬、季節感のあふれる自然がいっぱいです。

晴れ 四国中央市駅伝競走大会 チーム松柏 激走

 天候に恵まれ、むしろ走るには暑いくらいの気温の中、我らチーム松柏も一丸となって、市内駅伝競走大会で大活躍しました。たくさんのチーム、現役ばりばりの中学生チームとも一緒に走り抜きました。男子1チームがエントリーし、学校の中休みに子ども達と一緒に凄いスピードでマラソン練習を実施していた宇髙先生念願叶って(?)選手として参加することができました。

 選手のみなさん、応援にかけつけていただいたみなさん、本当にありがとうございました。怪我もなく無事楽しめたことと思います。お疲れ様でした(#^_^#)

 

晴れのち曇り 親善音楽会

 校内音楽会を終え、市内の親善音楽会での演奏に参加しました。先日の校内音楽会はもちろん学校の体育館で開催しましたが、今回はユーホール。ホール設計と広さの違いから、音の響きが違うため(特に打楽器が違ってきます。音の減衰量、残響タイムが違うためです)、もちろんそこはきちんと、校内音楽会が終わってから、脇先生がさらにきめ細やかな指導をしてくださいました。俗に言う『箱』に合わせた演奏をすると言うことです。

この短期間でユーホールという『箱』に合わせて仕上げる六年生はさすがです。さらにはその細かなニュアンスを含め、奏者にその演奏の違いを表現させる指導に感服します。


バスの中ではリラックスモードの子どもたちでしたが、会場につくと、一気に気持ちを切り替えていました。

お家で愛情と応援の気持ちをたっぷり詰め込んでもらったお弁当でパワーを充電した後、リハーサルを行いました。

たった7分(他の学校は4分です。人数が後半の部では一番多いので7分でした。)しかない、ステージでのリハーサルでは、ユーホールでの音の響きを確かめ、全員がしっかり指揮が見えるかどうか、入退場の確認をしたりと密度の濃い練習をしました。で本番です。

 

 後半の部を代表して、はじめの言葉松柏の2名の子が担当しました。とても立派でした。座席に帰って来たときに、まわりに座っていた友達が小さく拍手を送ったり、がんばったねという眼差しを送っていたりする姿もよかったです。相手を思いやる優しい集団に成長しているなぁと感じました。

他の学校の演奏もしっかり鑑賞できていて、気持ちのこもった拍手を送っていました。鑑賞態度がよかったと、他の先生方からもお褒めの言葉をいただきました。

 本番は、一つ一つの楽器の音が一体となった、躍動感に溢れる演奏となりました。もともと安定感は抜群でしたが、さらに芯の通ったピントの合った演奏になっていました。

 こういった器楽の合奏中学校の授業ではないそうで、この親善音楽会が最後になるため万感の思いを込めて演奏している様子が伝わってきました。

 全員合唱の「つばさをください」では、練習の成果もあり、しっかりと歌えていました。そして、様々な学校の歌声が、一つとなって、会場に響きわたり、聴衆を感動させてくれました。音楽の素晴らしさを、改めて感じることができた親善音楽会となりました。

晴れのち曇り 教育会の方との昔遊び交流 2年生

 教育会の方々との交流会が体育館で開催されました。周到に準備していただいて、家に帰ってもすぐにでもできそうなどこにでもある材料で工夫して『リズム遊び』、『からだ遊び』、『言葉遊び』を2年生のみんなと楽しみました。カメラにんど目もくれずに真剣に集中して話を聞いて、実演を見て、思い切り楽しむことができていました。ゴム鉄砲やゴム跳び、みんな大好きですよね。こちらも懐かしい気持ちで見させてもらいました。

 秋も深まり、落葉も景色の一部になってとてもきれいです。毎日掃除をしてくれているので、その日に散った少しだけの落葉だから、はかなげに映るのかもしれませんね(;^_^;)

小雨 小川動物園物語 2花算数研究授業

 2年花組算数の研究授業が行われました。今日から図形の授業。三角形・四角形の謎を解き明かし、言葉としてちゃんと整理整頓していく勉強です。この子どもたちの表情が物語っているように知的好奇心を喚起し、楽しく授業に引き込まれ、楽しかったと思える時間にするべく来る日も来る日も工夫できることはないか、準備できるものはないかと研究して時間を惜しまず取り組んでいた小川先生。本当にたくさんの準備を整えて授業に臨んでおられるのが随所で感じられ伝わってくる授業でした。子ども達も自ら学ぼうと積極的に授業を行っていたのが印象的でした。

音楽 校内音楽会 最終号 6年生、ファンファーレバンド、全校合唱

 最高学年の6年生ともなると、繊細さも加わって、より美しい響きを求めて、合唱、演奏を行っています。ファンファーレバンドのレベルの高さはみなの認めるところとなりました。

 6年生    

 二部合唱  「大切なもの」   山崎朋子 作詞・作曲

 器楽合奏  「情熱大陸」メインテーマ  葉加瀬太郎 作曲

 

 ファンファーレバンド

 「パラダイス ハズ ノー ボーダー」  NARGO 作曲

 「あの大海原の向こうへ」  堀田庸元 作曲

 

 全校合唱  二部合唱  「出会えた君へ」  栂野知子 作詞・作曲

 学校だより「えがおいきいき」の№16号で、今回の音楽会の校長先生からのご講評を紹介していただいています。是非ともご覧ください。当日のご講評は、ウィットに富んだわかりやすくて的確なお話をしていただいて、音楽会の締めをしていただきました。

音楽 校内音楽会 4年生、5年生

 どの学年の子も合唱の時の全力感が口の開きに表れています。これこそ毎日、毎時間の習慣の賜物ですね。その積み重ねこそがこの成功を生んだことは間違いないでしょう。

4年生

二部合唱 「ぼくの太陽」  栂野知子 作詞・作曲

器楽合奏 「花笠音頭・よさこい節」  山形県民謡・高知県民謡

 

5年生

二部合唱 「心の道のり」  里乃塚玲央 作詞 ・ 西澤健治 作曲

器楽合奏 「夏疾風」  北川悠仁 作曲

 

音楽 校内音楽会 2年生、3年生

2年生

斉  唱 「まあるいいのち」  イルカ 作詞・作曲

器楽合奏 「凱旋行進曲」  ヴェルディ 作曲

 

 

3年生

斉  唱 「ハッピー・メロディー」  美鈴こゆき 作詞・作曲

器楽合奏 「チキチキバンバン」  シャーマン 作曲

曇り 暑い 熱い 校内音楽会

 ちょっとこの季節にしては、ポカポカ温かい陽気に、みんなの音楽会への熱意に、観客の皆さんの熱気で、体育館は暑いくらいにヒートアップしていました。待ちに待った、平成30年度 松柏小学校 校内音楽会が開催されました。13時30分開始にもかかわらず、11時半過ぎには、座席確保のための大行列ができ始め、iPhone発売くらいの勢いにびっくりしました。13時開場とともに座席は満席になり、会場はすでに盛り上がっていました。ただ、みなさんとてもマナーが良くて、こうした音楽の鑑賞に慣れておられるんだなぁと感心いたしました。ケーブルテレビも撮影に来てくださり、準備万端で子どもたちの入場を心待ちにしていました。合唱、演奏が始まると静まり返った体育館に子どもたちの歌声や器楽演奏の音が鳴り響き、存分に堪能できました。観客の皆様、素晴らしい態度でのご鑑賞、本当にありがとうございました。

 本日の松柏小風景から  

それではプログラム順に紹介していきます。

1年生

斉  唱 「はじめましてのともだち」 美鈴こゆき 作詞・作曲
器楽合奏 「トレイントレイン」 真島昌利 作曲

 

曇り 5大栄養素 1年生保育園音楽交流

 今度は、5年生の食育授業で井上先生五大栄養素について授業してくださいました。その中でみんな驚きだったのが、今日食べた食べ物で身体が作られるのは、なんと6か月後だということでした。そんな先で今の食事が影響することにびっくりしました。そりゃあ、今しっかり食べておかないと半年後に成長しなくなってしまいますからねぇ。もちろん、今日の給食から残さずモリモリ食べていました(n*´ω`*n)

 1年生は、音楽交流を東幼稚園、松柏保育園の子ども達と行いました。音楽会の発表直前で今まで練習してきた成果をしっかりと発揮できていました。幼稚園や保育園のみんなに聴いてもらうことで、また一つ舞台慣れできて、本番への自信にもつながったようです。お互いに感想なども交流できました。

晴れのち曇り 校内音楽会前日 いよいよ

 前日のリハーサルから、準備と明日が楽しみで仕方がない今日、ファンファーレの最後の演奏の後、6年生からサプライズが(n*´ω`*n)。 今まで幾度となくサプライズを仕掛け感動させてきた6年生。今回も今までの感謝の気持ちを伝え、後輩に是非とも引き継ぎたいと内緒で計画していた感謝プログラム。相手を喜ばせたいと自らの意思で計画、立案をしていく最高学年のやさしさは、それを知った周りの下級生にも浸透していきます。もちろん、サプライズされる当事者は、感動で胸が震えて、そのやさしさに感涙します。「喜ばせごっこ」、行動力があり、相手を思いやる心を表現する、そんな学年集団に成長を続けています。そんな彼ら彼女らの音楽が感動しないはずがありません。愛媛県トップの金賞ファンファーレの演奏、各学年での合唱、合奏を是非とも楽しんでください。