H30松柏小学校日記

全国表彰受賞式 代表校に松柏小学校が選ばれる

  東京で、松柏小学校が取り組んできた緑の少年団活動が認められ、善行表彰を受賞することになりました(*′皿`艸)その全国から選ばれた表彰の内容は多岐にわたる分野でどの部門も素晴らしいものです。松柏小学校は「公共生活への貢献」の部門で表彰され、全部で27の団体が選ばれていました。その代表校として本校の校長先生が壇上で表彰状を受け取りました。他にも「事故防止」「環境美化」「青少年指導」「自然と文化財愛護」「社会福祉」「人命救助」「国際貢献」「外国人善行」など、121の団体が表彰を受けました。また、特別善行表彰として、94名の個人が表彰され、想像以上の大きな規模での式典でした。場所は明治神宮参集殿で行われました。こうした活動を評価していただけるのは有り難いことですね。

 

晴れのち曇り 調理実習 6年生

 6年生が待望の調理実習でした。準備も片付けもなかなか大変ですが、さすがは6年生。てきぱきスムーズに行うことができました。とってもおいしそうでした。

 

晴れ クラブ活動、始まる

 4・5・6年はクラブ活動が始まりました。様々なクラブを実施しています。今日は第1回目なので、これからの活動の目標や責任者、活動内容などを決めているクラブが多かったと思います。これからいろいろなクラブに取材に行って紹介したいと思います。

 本日は、相当に集中して作業していた水引きクラブや茶道クラブ、パソコンクラブとインドアのクラブを中心にまわってみました。ことりとも一言もしゃべらず黙って集中している姿は美しいです。将来のものづくり産業を支える人材としても育っていくかもしれません。楽しみですね。

晴れ キッズガード対面式

 キッズガードの方々との対面式が行われました。毎日、雨の日も風の日も雪の日もみんなの安全を守るためにボランティアで見守りをしてくれています。校区には自分たちだけでは危険な場所もたくさんありますよね。あの大通りを誰もついてくれず車と接触せず、ちゃんと渡れるのか、不審者情報も流れている中、子どもたちだけで登校することがいかに難しいか、心配することは尽きません。本当にありがたい存在だと改めて気づき、考える機会となったと思います。

 また、感謝の気持ち思っているだけでは伝わりません。何も思っていないのと一緒です。この感謝の気持ちを必ず、大きな元気な声で、心を込めてあいさつすることで伝えましょう。お世話になっている人にきちんと伝えられる習慣を身に付けましょう。今から生きていくうえで一番大切なことです。必ず実行してください。

学校探検 代表委員会 芝土入れ

 先輩の2年生が、1年生を連れて学校探検をしていました。一生懸命準備して、1年前不安だった自分のことを思い出しながら、しっかりと手を引いて、丁寧に説明していました。校長室ではソファーや講話で使った小道具にくぎ付けになっていました。

 昨日に引き続き、朝から晩まで一日がかりで芝生に砂と土を入れていただきました。今日は、みんなが好きなブルドーザーで砂や土を取り、トラクターの後ろに砂・土入れ用の部品を合体させ、土入れをして芝生を守ってくれました

 また、昼休みには各学級から代表委員が集まって、第1回代表委員会が開催されました。最近の様子などから、今できることを考えて、深めていました。やっぱりあいさつを大切にして、あいさつの言葉や声に感謝の気持ちをのせていかなければならないという方向に進んでいました。もちろん、各学年に応じて取り組む内容は変わってはくると思いますが、みんなが同じ方向に進んでいくようにできることは大切なことですね。頑張っていきましょう。まずは登校時のあいさつから試してみましょうね。