H30松柏小学校日記

音楽 ファンファーレ マーチングバンド

この暑い暑い夏休みも連日、黙々と練習に励んでいます。午前中とはいえ汗がしたたる高い湿度と気温。指導の先生、子どもたち、本当に頭が下がります<(_ _)>。もちろん、コンクールと運動会に向けての練習なので妥協することはありません。災害レベルでの酷暑で熱中症で命を落とす人が例年より多く、今年は特に酷い状況です。運動部に匹敵するブラスバンド、さらには動きをコントロールするマーチングバンドの練習ですので、負担もかかります。そこで前半は、会議室にギュウギュウ詰めですが、エアコン(生命維持装置)を効かせた中で座奏で合奏練習を行いマーチングは動きの確認があるため、短時間ですが体育館(生命維持装置は無し)で行っています。集中して行っているその姿は、きりりと引き締まった表情で、とてもとてもカッコいいです(≧∇≦*) 今年は昨年よりコンクールが早く、運動会とコンクール2本立てで仕上げないといけないという事情もあって、指導の先生も計画的に行ってくれています。体育館練習三日目とは思えないレベルで、動きができていて、それも身長差が結構あるにも関わらず列が揃ってきていることにビックリしました。

 動画編もご覧ください

Youtubeを利用していますが、広告等、本校とは一切関わりがございません。

晴れ ばっちり、水泳教室、プール開放 大成功

昨日、プール開放を中止にして、水温下げる大作戦を行った結果、なんと、本日朝の時点で水温26度まで下げることができました。WBGT暑さ指数は、午前中曇っていたにもかかわらず、四国中央市は12時の時点で32.6危険レベル、運動中止レベルでした。ただ、昨日までとは違い、気温、体温との温度差が8度以上あるので、今日は水泳日和でした。水泳教室も先生方の熱心なご指導と、子どもたちの頑張りがとてもまぶしかったです(n*´ω`*n)

ただ、明日以降は台風の影響があって天候も崩れる予報です。土日の過ごし方にも十分気をつけてくださいね。

晴れ もうすぐ、新宮自然の家

 今日は、ご心配をおかけいたしましたプール開放中止。安全にご利用いただくためにも、事故が起こってからではみんなが辛い思いをするだけなので、ご理解お願いいたします。なかなかそれでも自然の力には人間程度の力は微々たるものということを、先日の豪雨災害や現在の災害レベルの高温で思い知っています。ただ私達には私達ができることで対応していくしかありません。

 ところで、もうすぐ5年生は、楽しみにしている新宮少年自然の家での集団宿泊訓練がやってきます。豪雨災害の影響ももちろんありますが、それでもみんなと一緒に過ごすことができるお泊まりです。楽しいこといっぱい、勉強になることいっぱい待っています。先生方はみんなが安全に過ごすことができるように何度も職員の方々と打ち合わせをし、現地で確認を行っています。涼しい環境で楽しもうという心をもって参加してくださいね。自然いっぱいに触れて友情を深めましょう。

晴れ PTAプール開放運営

 プールネタ第2弾ですが、もう月曜日から始まっているPTA活動の一環として、子どもたちに学校プールを開放して運営しています。連日の猛暑、酷暑により、全国的には学校プールも中止になっているところが出てきています。昨日のお知らせでもお伝えしましたが、プールで水に入っているから熱中症の心配は低いなんて思っていると大間違いです。照り付ける太陽のせいで、月曜日から、水温と気温の差があまりなく、気温34度、水温も34度となっていたりもしていました。今日、午前中に先生方で大プール側の休憩場所、監視員さんの影を確保する目的でテントを1張りたてました。元々小プールと大プールの間には影となるひさしがあるためです。また、水温を下げるため、今日は少し水を抜きながら、冷たい水を補充していきました。おかげで小プールは30度まで、大プールも32度まで下がりました。それでも直射日光は黒い頭に直撃すると、泳いでいるうちに表面温度が60度近くまで上がるそうです。スイミングキャップ(水泳帽子)はその温度上昇も抑える役割が担えています。前半・後半含めて、だいたい120~130人ほどの児童が利用しています。それはそれは楽しそうに嬉しそうに泳いでいます。暑い中、保護者の皆様も監視員は大変だと思います。水分・塩分補給は忘れずに行ってくださいね。もちろん、暑さ指数(WBGT)が危険レベルになると中止も視野に入れて運営していただければと思います。 

晴れ 好成績!!三島地区水泳記録会

 連日の猛暑、酷暑、危険な感じの暑さが続いていますが、みなさん体調大丈夫ですか?本当に異常気象ですね。

さて、そんな暑さを吹き飛ばすかのような活躍ぶりでエネルギーをくれたのは、水特メンバー、水泳記録会での健闘ぶりです。たくさんの賞状をいただいて、嬉しい悲鳴でした。気持ちが伝わってくる写真の数々です。