2018年4月の記事一覧

良い天気、芝生日和

 校庭の芝生の色づきが、変わってきています。緑が深くなり、ふかふかです。気持ちよくて、日差しで熱くなる土のグランドやコンクリートと違って優しい温かさを保ちます。さすがは生きている生き物だと実感します。

 金曜日は、市役所の職員の方が新しい人を2人連れて来てくれて、早速スポーツトラクターの実践講習をしてくださっていました。有り難いことですよね。1回やってみると難しそうって思っていたことがウソのように簡単だとわかります。もちろん、生き物ですから適当には出来ませんが、普段出来ないトラクターでの芝刈り、手動エンジンの芝刈り機などフル活動して取り組んでいます。

 是非ともPTA活動の一環として芝刈りのボランティアに参加してみませんか?毎回でなくてももちろんイイです。出来る範囲で構いませんので芝生ボランティアに参加してみませんか?是非ともよろしくお願いいたします。

※You Tubeを利用していますが、広告等は本校と一切関係ありません。

 

実りある教室風景

 久々に見ました、モズクガニ。生き物大好きなので、テンション上がりました(〃艸〃)ムフッ。海で捕ってきたみたいで、大切に大切にしていました。大人が見ると第一声が、「おいしそう」になってしまうことを反省いたしました(^-^;  昔はよく捕って食べてましたよねぇ。今ではあまり姿を見かけなくなっていました。あのたくましいハサミは、小さいころ何だかとってもかっこよく感じたものです。それを証拠に、ウルトラマンや仮面ライダーなどの怪獣のモデルにも必ず登場していたものです。最近ではテラフォーマーでも登場していましたね。

また、3年生の教室では、『わかば』という詩が背面黒板に書かれてありました。心を豊かにしていくことの一つに言葉を知り、言葉を理解することがあげられます。その時々にあった言葉で表現することは見えない心を見えやすくできます。また、算数ボックスがまるで整列をしたかのように整然と並んでいました。

同じように2年生の教室には誰もいないのに黄色のかごがこれまたきれいに整列していました。真ん中に寄せてるんですね。これだと確かに落ちにくいです。そうすることには理由があって、わかっているからこそ帰るときには整頓するんですね。見ているこちらの気持ちまで整列させてもらいました。

自然豊かな松柏の守り神

 ちょくちょくいないなぁと思ったら、細川園芸の職人が、学校中の剪定やら草刈りやら,細かいところまで手を入れてくれます。本格的な装備で、ミツバチの養蜂所の人ではありませんよ。跳ね石などから身を守るしっかりとした姿があまりにも様になっていて、校長先生だとわかってはいてもびっくりします。散髪を終えた木々たちがまるで喜んでいるように見えます。

 ちょっと前につぼみで整列していたコデマリもぎっしりと咲き誇っていますツツジもめしべ、おしべを目いっぱい伸ばして、この季節を精一杯に感じているようです。

ファンファーレバンド、急成長中!

 家庭訪問も3日目。クラスの半分以上の訪問をしてみて、たくさんの情報がお話が聞けて、担任も疲れた中にたくさんの発見ができて、嬉しそうに職員室でお話してくださります。迷っていたら、近所で遊んでいた子供たちが教えてくれたり、保護者の方が案内してくださったりと、人の温かさを感じる家庭訪問となっているようです。土地勘のない慣れない校区にもっと苦労するかと思いきや、その心配をよそに、予習の成果が発揮され、無事終えられているようです。

 タイトルのファンファーレバンドですが、この家庭訪問期間をうまく活用して、練習にも一段と気合が入り、譜読みから練習と無心に集中して行われています。「合奏」ですがもちろん個人の技量に左右されることもあります。そのことも理解したうえで練習しているとしか思えないほど集中しています。日に日に音が粒だってきて、うまくなってきているなと感じます。コンクールに向けて、一丸となって頑張ってください。みんなが応援しています(〃艸〃)ムフッ

毎日、お世話になっています、6年生のみなさん

 1年生も小学校生活に慣れていこうと一生懸命頑張っています。毎日のあいさつやお勉強などたくさんのことに挑戦をしています。それは学力という面だけではなく、新しい生活のルールを覚えて行動しなければならないので、大人にとっても大変難しいことです。

 そこで最高学年である6年生が、いろいろな場面で下級生にかかわることを通してリーダーシップを発揮したり、そっと寄り添って手助けしたりしてくれていることは、大変ありがたいことです。松柏小の6年生は、お手本になるだけではなく、そっと隣で優しく寄り添い導いてくれる、フォローしてくれる。そのことは、みんなの不安を取り除く行動になっています。今日も給食配膳室で働き者がどんどんお手伝いしてくれて助かりました。大変気持ちよく、働いてくれていました。

 さすが先輩。6年生の皆さん、いつもありがとうございます。