警報発表時の対応非常変災時の対応について

 非常変災時における対応についてまとめております。掲載内容を御確認いただき、各家庭での対応につきましても適切に対応いただきますよう、お願いいたします。
 なお、停電やシステム障害等により、メールでの連絡や学校ホームページなどの連絡手段が遮断される場合もあります。その場合には、各家庭で保管いただいている同内容を記載したプリントで御確認の上、御対応ください。

1 児童が在宅の場合
 午前6時の段階、「暴風警報」「大雨警報」「洪水警報」「暴風雪警報」「大雪警報」 のどれか一つでも発令されている場合は、自宅待機をしてください。
・ 四国中央市の「警報」発令情報は、気象庁のホームページ(松柏小学校のホームページからも見られます)等に掲載されます。メール配信システムでも送信します。(学校から自宅待機の電話連絡はありません。)
・ 午前6時以降であっても登校時までに上記の警報が一つでも発令された場合は、同じ対応となります。
・ 自宅待機の場合、児童は家から出ないように指導してください。

<警報が解除され登校する場合>
 午前8時までに「警報」が解除された場合には、午前9時より授業をします。(市内放送があります。)その時刻に合わせて児童の皆さんは集団登校をしてください。その日は午前中のみ授業を行い、下校します。(給食はありません。)
・ 市内放送文は、市のホームページの「防災有線告知システムポータルサイト」に掲載されます。
<臨時休業(学校が休み)になる場合>
午前8時の時点で警報が出続けている場合は、臨時休業になります。(午前8時以降に警報が解除されても臨時休業となります。
臨時休業となった場合の次の日の授業は、その曜日の時間割で行います。
<四国中央市に警報が発令されているが、台風の通過後等により安全の確保が可能な場合>
午前7時までに決定をして市内放送を行う。

(予想される対応例)
1 今後天候の回復が見込まれるので、通常どおりの授業を行う。
2 今後天候の回復が見込まれるので、午前9時より授業を行う。
3 今後天候の回復が見込まれるので、中学校は午後1時より授業を行う。幼稚園・小学校は臨時休業とする。
台風接近・低気圧の影響等いずれにおいても、四国中央市に「暴風・大雨・洪水・暴風雪・大雪」による「警報」が発令されたときを基準とする