お知らせ

H30松柏小学校日記

晴れのち曇り 心配しましたが、お天道様の底力

 朝は雨がパラパラと降り、冷え込んでビックリしました。雪でも降るの?って勢いでしたが、昼休みには、ポカポカと日差しが温かくて、さすが太陽系一番の恒星と感心しました。おかげでとてもたくさんのクラスがなかま遊びに夢中になっていました。けいどろに青鬼に紅白鬼、ドッチボールにドッチボールにドッチボール(笑)、仲良くお話ニコニコ笑顔で運動場はあふれかえっていました。先生方も逃げるの上手で、高学年は代表委員会をしているのを横目に私もなかま遊びを撮影させてもらいました。全力疾走でみんなと心から楽しんでいる様子は見ていても楽しそうでした。さらに、「魔女の宅急便」のように飛んでいる少女まで居りました(n*´ω`*n)人気者の校長先生もみんなに囲まれ、抜け殻になった先生のウインドブレーカーを大切に握りしめている子もいました(n*´ω`*n) 

 インフルエンザが猛威を振るってきています。十分気をつけて、うがい、手洗いを十分行ってくださいね。

晴れのち曇り クラブ活動 と 芝刈りうさぎ

昨日まで冷えて雨模様だった天気から回復し、晴れ間が出ると暖かいと感じました。恐るべし太陽の力と思いました。 

運動場の芝が冬芝になり、気温が下がり、誠に穏やかな成長ぶりとなっています。先月も一度おひとり芝刈りを行いましたが、軽トラに積み込み、大半は細川園芸の社長が剪定してくれた木くずで埋まってしまう感じでした。今回も全く伸びた感じはなかったため手動で伸びていそうなところを刈りこみました。丁度、うさぎたちが喜んで食べまくる程度の量でした。芝生ボランティアで登録していただいた皆様には大変申し訳ございません。3月から10月くらいまでは、毎週刈らないととんでもないことになっていたので、来年度からはこの経験を生かしたいと思います。 

今日は木曜日。クラブ活動の日です。インドア中心にまわりましたが、ものすごく集中して一心不乱に作業している姿に、ほれぼれしました。手作り工作に指だけでの手芸に水引作品、そして熱中して写真を撮られていることにすら気づかないボードゲームクラブ、和の心にあふれた情緒豊かな茶道と生活に根差したものばかりでした。

雨 日々の取り組み

 毎日の日常が同じ繰り返しで・・・なんていう人もいますが毎日会っている子どもたちは毎日表情もノリもテンションも違っていて、同じ日なんて思える日が一日もありません。いつもハイテンションな中学年みんなのことが大好きな低学年、運動場で遊んでいてもスピード感あふれる高学年それぞれの色がカラフルに輝いている日常元気をもらっています。

授業、勉強に必死になって取り組む姿、楽しんで興味をもってキラキラした瞳で学習する子どもたちの姿を見て、いつから勉強が義務になって重荷になっていくのだろうとしみじみ思いました。

記念日 ある助産師さんのお話

赤ちゃんを産むとき、陣痛というものがある。
陣痛は、初産で約24時間、2人目以降で約12時間続くものらしい。

妊婦さんの中には、 この陣痛がとても苦しいので、
「産む側は大変、赤ちゃんは生まれてくる側でいいなぁ」
と言う方もいるらしい。

しかし、助産師さんは、これは大きな勘違いだと言う。
 赤ちゃんの方が、妊婦さんの何倍も苦しいのだと。

実は、子宮は筋肉であり、これが収縮したり緩んだりするのが、 陣痛の正体らしい。

陣痛が始まり、子宮が収縮すると、赤ちゃんは首のところを思い切り締め付けられ、 へその尾からの酸素が途絶え、 息ができなくなるそうだ。

子宮の収縮は約1分間。 その間思い切り首を締められ、息ができない。

1分たてばまた子宮はゆるむが、 また陣痛が来れば1分、息ができなくなる。
しかも陣痛の間隔はだんだん狭くなる。

この陣痛に耐えられなければ、赤ちゃんは死ぬ。まさに命懸けだ。
だからこそ、赤ちゃんは慎重なのだという。

実は、陣痛がおこるためには、陣痛をおこすホルモンが必要らしいのだが、 このホルモンを出しているのは、 お母さんではなく、なんと赤ちゃん自身

赤ちゃんはとても賢く、自分自身で自分が、今陣痛に耐えられる体かを判断する。

そして、一番いいタイミングで、自分の生まれてくる日を選ぶ。
   (そう考えると、自分の誕生日も、自分が選んだ日なんだと思えるでしょ)


また、急に激しい陣痛を起こせば命が危いので、最初は陣痛を起こすホルモンを少ししか出さず、様子を見てホルモンの量を調整するらしい。

 

赤ちゃんの中には、予定日を過ぎても、なかなか生まれてこない赤ちゃんもいる。

途中で陣痛を止める赤ちゃんもいる。

そういう赤ちゃんを 「うちの子はノンビリしてる」 なんていうお母さんもいるけど、
 そのとき赤ちゃんは必死なんだという。

生まれて来ないのは、赤ちゃんが、「今の体では陣痛に耐えられず死んでしまう」
と判断しているからだそうだ。


赤ちゃんはみんな、自分で判断して、自分の意志で生まれてくる。

「生まれたくて生まれたんじゃない」 なんて言えない。生まれたくて今こそチャンスと思って生まれたんです。

「生んでくれなんて言った覚えはない」 覚えていないだけで、ちゃんと今ですって自分で合図を出しているんです。


すべての赤ちゃんは、その日を自ら選んで生まれてくる。
 生きるか死ぬかの狭間の中、あの小さな体で必死に生きようと頑張っている。

子供を授かることもそうですが、 出産は母親にとっても赤ちゃんにとっても
すべてが奇跡の連続なんだと。

あなたの誕生日も、あなたが命を懸けて、選んだ日なのです。

そう考えると、自分の誕生日が、本当に特別な日なのだと
改めて実感できるのではないでしょうか。

だからこそ、誕生日には、「おめでとう」だけではなくて「ありがとう」も添えましょう。

お祝い 6年生からのサプライズ おめでとう志穂先生

 冬の生き物を4年生の子ども達と観察しました。予想とは裏腹に今まで当たり前にいっぱいいた虫たちも鳥たちも姿をくらまし、見つけることが困難でした。あれだけ群生していたヨコヅナサシガメも、必死で探して、女の子昆虫ハンターがたった1匹を奇跡的に探し当てるのがやっとでした。こうやって大好きな校庭をじっくり観察することもとても大切な時間だなぁと思わされました。

 さて表題のサプライズ大好きの6年生からサプライズの報告がありました。来週から、産前休に入られる保健室でいつも優しく手当てをしたり、慰めてくれたり、子ども達の元気復活ルームを担当してくれていた志穂先生へ感謝の気持ちを伝えたいと言うことで、身体測定の時に実行していました。ちょうど、月組、花組の入れ替えのタイミングを見計らって行われたサプライズ。わざわざ時間を取るとか、放課後にとかではない、まさにサプライズ。志穂先生が見ている風景はおなかの中の赤ちゃんにも見えていると言います。きっとおなかの中の赤ちゃんも大喜びしてくれたことでしょう。

 本当にお世話になりました。体育館や身体測定の時に各学年の子ども達ともお話ししてくれて、保健委員会でも5,6年生からサプライズで感謝の気持ちが伝えられていました。みんなに愛情たっぷりいただき、ありがとうございました。志穂先生似の可愛い赤ちゃんとお目にかかれるのを楽しみにしています。どうかお体に気をつけられて、お過ごしくださいね。松柏小みんな、楽しみにしています。